検索
  • JESAcademy

目指せ!錦織選手 日出のテニス教室、米の育成機関と連携しオンライン指導


2020年8月21日 03:01大分合同新聞  【日出】日出町真那井のテニススクール「ジャパンウエストスポーツ(JWS)アカデミー」が、錦織圭選手らを輩出したアスリート育成機関「IMGアカデミー」(米国フロリダ州)と連携し、オンライン指導を始めた。同町にいながら海外にいるコーチから指導が受けられる。  スクールは2012年に開設。小学生から一般まで20人以上が通い、月曜日以外の毎日、練習に励んでいる。坂井健一ヘッドコーチ(59)がIMGアカデミーの指導資格を持っており、これまで希望するスクール生は長期休暇を利用し、フロリダへ行っていた。  新型コロナ禍で海外への渡航が難しい中、質の高い指導を受けてもらおうと今夏の導入を決めた。マンツーマンで指導が受けられ、渡航費がかからない利点もある。  17日から始まったレッスンには、スクールの生徒、児童4人が参加。5日間、日中の練習の様子を撮影し、専用のアプリにアップロード。現地にいる日本人コーチに見てもらい、朝、晩にビデオ通話で練習内容や改善点のアドバイスを受けている。  花田海翔さん(15)=杵築中3年=は「直接聞きづらいこともオンラインなら話しやすい」、阿部太河君(11)=川崎小5年=は「動画を撮られるので、一球一球緊張感を持って取り組んでいる」と話す。  国内でオンライン指導を導入しているスクールはあるが、海外と連携するのは珍しいという。  坂井ヘッドコーチは「世界中どこでも同じ水準の指導が受けられる。使えるものは積極的に取り入れ、子どもたちの成長機会を失わないように努めたい」と話した。 ​

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示